入浴で得られる6つの効果

 

なんとなく美容にいいからと入浴していませんか?

確かに間違ってはいないのですが、どのような効果があるか知っていればもっと入浴が好きになると思います。ここでは入浴することで得られる効果を、いくつか挙げておきます。

 

疲労回復

入浴すると、体温が上昇して血行がよくなりますので、発汗しますので体にたまった老廃物を取り除くことができ、疲れを取り除きやすくなるのです。

 

お湯に浸かっていると、全身が水圧を受けている状態になります。これがマッサージ効果があるといわれています。また、水(お湯)の中だと重力を受けなくなるもの良いとされており、体が負担が軽くなり、筋肉もリラックス状態になり疲れを癒すことができます。

 

 

ストレスの発散

水の浮力を受けることで、リラックスをすることができストレスの発散になります。シャワーでは、浮力もありませんので、必ずお湯につかって浮力を味わってみましょう。

 

 

体臭抑制

体臭は、発汗によって菌によって分解されたことによるガスによるもの、でそれが体に付着していると考えられています。つまり入浴で汗を出してそのまま洗い流す、そしてすでに付着している菌を洗うということで体臭を抑制する効果があります。

 

 

睡眠効果

入浴することにおって、体温が上がります。人は睡眠に入る時は体温を下げて眠ることになりますので、入浴することによって自然にこの流れを作ることができます。

 

 

美容効果、免疫力アップ

42℃前後のお湯に浸かることで「ヒートショックプロテイン」という成分が多く分泌されます。

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のことで免疫細胞の働きを強くしたり、乳酸の発生を遅らせるなどの効果があります。

 

 

ダイエット効果

入浴することでダイエットの効果を高くすることができます。

入浴によって血行促進され新陳代謝が活発になります。そうすると脂肪の燃焼効果が効率的になります。運動量が同じでも代謝が良い方が、消費するカロリーの量が多くなるので、ダイエットの効率も良くなります。